満足してる?その素肌。 わたしが肌断食を辞めた理由。

Before After

肌断食歴1年。
これが最善のスキンケアだと疑いませんでした。

 
海外コスメブランドに聞けば、基礎化粧品が売れるのは日本ぐらいだっていうし
平野さんの本(肌断食 ---スキンケア、やめました )に寄れば、医療機関による肌診断という裏づけを信用できたし
シミを治療したドクターも「基礎化粧品がシミの原因」とアドバイス。
(まったく同じことを言っている!)と確信した瞬間に、手持ちのコスメを母、姉に譲って肌断食をスタートしました。
 
元々、オーガニック派だった影響で、添加物フリーは受け入れやすかったし
なにより入浴時に石鹸で洗顔、乾燥したときだけワセリンを使用する、外出時にはサッとフェイスパウダーを…といったシンプルケアが楽ちんだった。
面倒ぐさがりやの性格が、肌断食こそマストケアだ!ということをより強く思い込ませていた気がします(自己暗示)。
 
出産、子育てをしていると手抜きをすることが普通になってしまっていたし、時間の有効活用!とかなんとか、時短が賢く感じてしまっていたんですよね。
こどもとのスキンシップで感じていた不安(ファンデーションの付着)もありましたし…。
経済的負担もないからその分、服にお金をかけたり、夫の理解も得られやすい背景もありました。
 
そして肌断食をして、やってよかった!と確信したのは、肝斑(かんぱん)がかさぶたになって剥がれ落ちたとき。
シミをレーザーで焼いたあとのように、気がつけば赤く傷のように浮いて剥がれ
(世の女性はみ~んな、メディアに騙されている!!)なぁんて(苦笑)。

肌断食中に愛用していた、超自然派ナチュラルコスメブランドはこちら肌断食中に愛用していた、超自然派ナチュラルコスメブランドはこちら

エトヴォスに出会ってから

( あれ?あたしの肌って… )

 

 
 

大切な友人との買い物で、目にとまったコスメブランド。
「 このブランドね、すごくいいよ! 」 胸を張って紹介しました。
etvos(エトヴォス) というブランドです。
 
オーガニックコンシェルジュの資格を取得した経験上、化粧品の成分を読むことができます。
ナチュラルコスメブランドは増えてきていますが、その中でも、からだへの影響を考え、化学的成分を極力使用していなかったのがetvos(エトヴォス)
現在はメイクアップのラインナップもありますが、わたしが知った当時はミネラルファンデーションが中心。現在に至るまで時間をかけ丁寧にラインナップを増やしてゆかれた経緯も、信頼している1つの理由です。
 
「 わたし、肌荒れしやすくって、そろそろ変えたいな~って思ってたんだ! 」 と喜んでくれた友だち。素敵な提案ができたなって嬉しく感じましたが
「 肌断食って知ってる?わたし、なんにもつけてないんだよ! 」 と伝えた瞬間、ふっと自信がなくなってしまったのです。
 
肌断食を勧められるほど、わたしの肌って綺麗…?

オーガニックコンシャルジュお墨つき!イチオシコスメブランドはこちら ≫オーガニックコンシャルジュお墨つき!イチオシコスメブランドはこちら ≫

感じていた不満が、顕在化した瞬間!

友人に、胸を張って紹介できなかった肌断食。
肌断食と同じ時期に開始した食生活の見直しで、見事減量に成功したわたしでしたが(糖質制限を経て、マクロビオティック中心の菜食)、顔に肉がつきづらく老けた印象になったことも影響していました。
 
加齢には逆らえないのか…
ここらでドモホルン○ンクル?それともS○‐Ⅱ?エステもいいな。
 
そんな今後を模索する中で出会ったのが、美容鍼灸。
ママ友の旦那さんがたまたま鍼灸師ということで知ったのですが、美容鍼とは美容業界で話題の針治療。わたしが信頼する、全身のバランスを整える東洋医学に基づいています。1回8,000円といいお値段しますが、基礎化粧品と思えば相殺できますし(夫への言い訳!)、健康にも作用します。
深キョン(深田恭子)もやっているって知ってから好奇心を止められず、すぐに予約をしました。

 
しかし美容鍼を重ねる中、夏~秋頃、どうも角質が気になる。Tゾーン、口周り、頬のごわつきが特に気になりました。鍼灸開始から約半年経過した時点で知ったのは、世間には2種類の美容鍼があり、ツボに刺して刺激を促し、血流をよくする方法と(恐らくこちらが一般的)、一定間隔に針を刺して、コラーゲンの分泌を促進させる方法。
なのでね、わたしが施術していた方法は顔がむくみやすく、小顔になりたい人向きのケアだっていうこと気がついたわけでして。課題である角質をケアするには別の手段を検討する必要がありました。
 
角質ケアとしてAHA成分配合の洗顔を購入しました。つかいはじめはザラザラした触感が軽減してように思え2つ目を購入しましたが、2本目をつかいはじめる頃には、1本目を使用するときと状態は変わらないように思えました。
その時点で肌断食を続けることは、難しいのではないか?と感じはじめました。
 
肌断食のきっかけである平野さん(肌断食 ---スキンケア、やめました )と比べてみると、年齢が違います。話題でよく登場するシミは、レーザーで処置できるので問題としていません。
鏡を見てじっくりと観察し、どんな肌になりたいのかを考えました。そしてわたしに足りていないのは艶、ハリだと感じました。
‘ 肌というのは本来、しっとりしておらず、さっぱりと… ’ 的な表現がありましたが、わたし自身が求めているのはしっとりだと。
 
しかし今更、一般的なコスメを使用することに抵抗があり、信頼できるブランド!というわけで、白羽の矢が立ったのが、肌断食でパウダーとして使用していたetvos(エトヴォス) のスキンケアラインです。
 

わたし個人の意見であり、平野さんの本(肌断食 ---スキンケア、やめました )を否定する内容でないことをご理解ください(紫外線対策など、自分に合っているケアは参考にし、継続しています)。

祝・肌断食、卒業!決意させてくれた良品質コスメ・etvos(エトヴォス)祝・肌断食、卒業!決意させてくれた良品質コスメ・etvos(エトヴォス)

肌が活き活き、‘自分’が帰ってきた感じに!

1年と長期間、肌断食を行っていたので、まずトライアルを購入してみました。購入者のレビューに記載されている年齢情報を元に、エイジングラインのバイタライジングラインお試しセット を注文。
 
 
 
実は以前、スキンケアラインがリリースされた直後、モニターさせていただいた経験があります(写真は2012年10月時点でのもの)。
その頃と比べ、パッケージは一目で違う。 成分もザクロから 幹細胞系へシフトしており、大幅に改良されています。ラインナップにピーリングが加わっているのも、角質に悩むわたしからすると…わかってらっしゃる!!
 
 
 

一般的なスキンケアをしていた当時は、正直、物足りなさを感じました。さっぱりが好みということもあり、濃厚なテクスチャーはちょっと苦手な使用感。
しかし現在のバイタライジングラインお試しセット は、角質軽減スピードが確か(使い始めは1、2日から徐々に日にちをあけ2、3日間隔で使用中)。ローションのテクスチャーも軽めになり(一般的な化粧水を比べるとちょっとだけ重め)、爽快なローズが香って癒されます。
クリームにはわたしが信頼している成分、リンゴ幹細胞が配合されていますよ!トライアルでは丸い容器ですが、本体はチューブ型なので、雑菌の心配を軽減させてくれます。
 
実際につかってみてわかったことは、顔のトーンにムラがあったこと。血色が悪かったというか…。この時点でベースを塗って、パウダーを軽くふれば ( 綺麗! ) って自画自賛しちゃうほどの変化なんです!
 
これまで肌断食という、極限のマイナス美容を経験しましたが、その経験があったからこそ、自分に必要なプラスすべきスキンケアが見えてきた…というところでしょうか?
 
現在は必要に応じピーリング、夜洗顔後のみローション+クリーム。
予定が軽い日の朝は洗顔もせずパウダーのみ(基礎化粧品で肌が綺麗になってきたので、エトヴォスの日焼け止めパウダー/SPF50PA++++)、気合いをいれたいときは手持ちのベースクリーム+パウダー。
これから少しずつ、エトヴォスのベースメイクのラインアップを楽しんでいきたいと思っています(多少のスキンケア、メイクアップはやっぱり楽しいですね!!)。
 
使い続けることで見えづらくなることもあるかと思うので、途中で保湿ラインの購入を視野にいれながら、今回はエイジングケアラインの本体を追加で手配しました。わ~い!
 

 

etvos(エトヴォス) の中でイチオシのスキンケア&ミネラルファンデーションを紹介します。
ベーシックライン(乾燥肌・敏感肌向け)。
わたしが、エイジングラインの次に使って比較すると狙っているキット★

 

エイジングケアライン。
わたしが、肌断食あけに使用したトライアルキット。

 

ニキビと美白ケアが同時に叶うライン。
メイクの上から使用できるジェルは、繰り返しできるニキビに集中ケアができ、万能。
 
 
 
 
 
エドヴァンスを代表するヒット商品!!
  大人気の極上ブラシの定価は、 このセットよりも高い から、かなりお得。

 

肌断食明けのメイクアップについて

肌本来の免疫力が回復した後、肌断食を終え、本来のスキンケアに…という考えもあるようです。女性の肌にスキンケアが要るのか不要なのか、明確な結論はないのではないかと感じています。わたし自身はスキンケアを開始した今の肌が綺麗だと満足しているので、肌断食を辞め、スキンケアを再開した選択は間違ってなかったと思っています。ごわつきすくんでいた肌は、もっちり、均一なトーンで艶があります。ついつい触ってしまうので、にきびができないか心配なぐらい、以前にも増して自分の肌が好きになりました。
そんなわたしのスキンケア、メイクアップを参考までに紹介したいと思います。
 
【朝のケア】
・基本、洗顔、基礎化粧はつけません ※ごわつきが気になる日のみピーリング、洗顔、ローション、クリームを
・(予定が軽い日)ダイレクトにパウダーをふり、ポンポンチークをします(チークはエトヴォスのもの)
・(予定がしっかりある日)ベース+パウダー ※手持ちのベースが切れたらエトヴォスのリキッドファンでを狙ってます
・ビューラーで軽くあげ、アイカラーを軽くし、目じりだけアイラインを入れます
・まつげにマスカラをします ※マスカラは気になったものをとにかくいろいろ楽しんでます
・(予定が軽い日)リップカラーや軽いタッチの色を唇にのせます
・(予定がしっかりある日)唇の輪郭をリッピライナーでなぞってから、カラーをのせます
 
チークやアイメイク、口紅といったパーツ単位のアイテムは、局所的なので素材にこだわりよりも、惹かれたブランドを選んで楽しんでいます。眉パウダーはケイトだし、アイカラーには、ラメや発色が素敵だと感じているシャネルを。アイラインは黒ならシャネル、オーガニックコスメなら緑といった使い分けをしています。
もちろん、エトヴォスのメイクアップラインで惹かれたものがあればそれも。アイカラーのパレットやチークはカラーバリエーションが見直されたり、増えたりしているのでチェックしています。
リップはコレクトしちゃいますが、基本的にナチュラル派が好き。ベーシックなのはユースキン。潤いや香りが楽しめるjohnmasters(ジョンマスター)、ナイアードは木製の筒状とパッケージもかわいく楽しめます。
 
【夜のケア】
・角質が気になる場合、ピーリングを塗り込み、2、3分放置します ※基本軽めのメイクなので、洗顔前に(お勧めはしっかり落としてからですよ…わたしの場合、浴室出てから洗顔が面倒なので・笑)
・入浴中、洗顔します ※洗顔はナチュラルなものを(トライアルが切れたら、次はエトヴォスのチューブタイプを購入予定←保湿目的)
・浴室から出て、ローション、クリームを手で広げ、手の温かさでじんわり包みます
 

無添加&ナチュラルがお気に入り

最近、こちらも気になっています。

 
こちらの京のすっぴんさんのレビュー記事を参考にしました。

 

わたしが肌断食を辞めた理由|ナチュラルコスメ/エトヴォスで脱・肌断食